市政の動き−定例市議会報告

【19.04.07】 刈谷市日本共産党議員団の刈谷市議会3月予算定例会の質問質疑

刈谷市日本共産党議員団の刈谷市議会3月予算定例会の質問質疑

 野村武文・新村健治・山本シモ子の刈谷市日本共産党議員団は、2019年刈谷市議会3月予算定例会で、みなさんのご要望やご意見に基づき、質問質疑を一生懸命におこないました。
 その概要を登壇順に掲載します。
 みなさんと力をあわせて、党市議団は、市政への切実な願い実現をめざすとともに「安倍自公政権サヨナラ」においこむため全力で取り組みます。

野村武文議員の質問質疑「築城キッパリ中止、市民生活第一に転換を」

 市当局の答弁。築城の石垣形状は江戸初期の類例や城絵図、発掘調査の結果などから「打ち込みはぎ」。石の種類は花崗岩で三河湾周辺から採掘される「幡豆石」。復元する建造物は隅櫓・表門・裏門・多門櫓・土塀です。総事業費をこれまでは、約40億円。
 その後、市当局は、刈谷城復元の基本設計を「熊本城の震災復旧策」を参考に、建築基準法や関係法令などで「検討中」。費用も50億円超の懸念があります。
 安倍政権下では、大企業と富裕層の資産が大幅に伸びています。一方、大事な市民生活は、実質賃金が目減りし、家計消費は下がり続けています。市民のくらしや生業では、長引く不況下での厳しい家計のやりくりが、もはや限界に達してきています。
 野村武文議員は、刈谷城築城が「ムダ遣いの典型」であることからキッパリ中止し「福祉・くらし・教育の充実」など、市民の生活第一に転換するよう要求しました。
 市当局は「刈谷城の建設を引き続き重点的に取り組む」との答弁を繰り返しました。

新村健治議員の質問質疑「体育館は災害時の避難所 良い環境が必要」

 昨夏、豊田市の小学1年の男子児童が、校外学習の後に熱射病で亡くなるという痛ましい事故が発生。これをきっかけに、いくつかの自治体で教室にエアコン設置の検討がはじまりました。
 しかし刈谷市は、党市議団らの要求に対し以前から、計画的に具体化し、すでに全小中学校の全普通教室にエアコンが設置済みです。体育館は、検討課題になっています。
 体育館は、児童・生徒の大事な施設であるとともに、地域の行事や災害時の避難所になるなど、きわめて重要な役割をはたしています。
 とくに近年、全国各地での豪雨災害などでは、避難した方がたが、余りの暑さや寒さで関連死するなどの実例が報告されています。
 新村健治議員は「冷暖房など良好な環境が必要で、体育館にエアコンの設置が不可欠」と迫りました。
 市当局は、これを「重要な課題と認識しており、国・県に対して、交付金の支給を働きかけている」とし、ほかに「夏場の災害時に学校の教室などの活用が必要であり、災害発生時には、教室の活用を図っていきたい」などと答弁しました。

山本シモ子議員の質問質疑「学童保育の「保護者」基準を早急に見直せ」

 学童保育(放課後児童クラブ)は、放課後の子どもの安全・安心の居場所づくりの拠点であり、働く保護者が安心を得ることができるなど、大事な施設です。
 ある保護者が「18歳の兄が夜勤明けの昼間、自宅にいるので、弟の児童クラブへの入所が認められない」と市から言われ、困ったとの相談がきっかけ。なんと、児童クラブの入所基準には「16歳以上」の人を「保護者」とするという規定があったのです。 
 山本シモ子議員は、この「16歳以上保護者」基準が実態に合わないとし再三再四批判し、市当局は今年4月から、やっと「18歳以上の人」に改正し、少し前進。しかし、はなはだしく不十分です。
 依然として、保護者の基準等に「18歳以上70歳未満の人」や「夜勤明けの日中家庭にいる人」などが現存しており、早急に削除するか、見直すよう要求しました。
 市当局は、これらに答えませんでした。別に、懸案のこれまでの要求に対し、児童クラブの40人・80人定員を120人定員へ拡大していくなど少し前向きの答弁です。

議員提出議案・意見書案への採否

 党市議団は、3月議会にゝ聴提出議案、◆銑О娶書案を提出しました。なお、採否は、全会派一致により「採択」になります。
ヾ谷市債権管理条例の制定についての議員提出議案:日本共産党〇・清風クラブ×・無所属議員の会×・市民クラブ×・公明クラブ×・自民クラブ×:不採択
核兵器禁止条約の締結と批准を求める意見書案:日本共産党〇・清風クラブ〇・無所属議員の会〇・市民クラブ×・公明クラブ×・自民クラブ×:不採択
「命の水」水道事業の民営化をやめるよう求める意見書案:日本共産党〇・清風クラブ〇・無所属議員の会〇・市民クラブ×・公明クラブ×・自民クラブ×:不採択
し獲儺。藤械毅造両暖馘爆買いをやめるよう求める意見書案:日本共産党〇・清風クラブ〇・無所属議員の会〇・市民クラブ×・公明クラブ×・自民クラブ×:不採択
ニ莊邏佻統計での不正問題の全容解明を求める意見書案:日本共産党〇・清風クラブ〇・無所属議員の会〇・市民クラブ〇・公明クラブ×・自民クラブ×:不採択
消費税10%への増税実施の中止を求める意見書案:日本共産党〇・清風クラブ〇・無所属議員の会〇・市民クラブ×・公明クラブ×・自民クラブ×:不採択
Ф疑Πの異常な長時間労働の是正を求める意見書案:日本共産党〇・清風クラブ〇・無所属議員の会〇・市民クラブ×・公明クラブ×・自民クラブ×:不採択
(注)態度表明は、○は賛成、×は反対の表示です。 

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)