市政の動き−ホット情報

【18.11.18】 牛田清博の「種子法って何?  

牛田清博の「種子法って何?  

 みなさんとご一緒に考えてゆきたいと思い、今後不定期ですが、暮らしや福祉のことをつづります。
 最初は、みなさんには馴染みの少ない地味なテーマ「種子法」をとりあげます。
 この「種子法」は、日本の「食料主権」や「食料の安全」の危機につながる大問題で、食生活に大きな影響を及ぼします。
 日本の食糧自給率(カロリーベース)は、38%とOECD諸国中、最低水準。TPPの非関税障壁とみなされ「種子法」は、邪魔もの扱いです。
 すでに、みなさんの知らない間に話題になる前に、「種子法」は、今年4月、廃止されてしまいました。
  ●牛田清博(うした きよひろ)さんは、現職の野村武文市議を継承する予定候補です。野村市議は「厚情に感謝し、さらに倍するご支援を」と訴えています。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)