活動日誌−行事記録

【18.05.13】 憲法施行71周年 9条改憲を許すな

憲法記念日 5.3 市民のつどい

 愛知憲法会議は2018年5月3日、名古屋国際会議場センチュリーホールで憲法施行71周年「9条改憲を許すな憲法記念日 5.3 市民のつどい」を開催しました。
 第1部コントでは、コント集団ザ・ニュースペーパー[番外編]『71年目の憲法を笑う!』に、1階〜3階大ホール満席のなか、爆笑に次ぐ爆笑でおなかを抱えて笑い転げるほど。大きな歓声と拍手、笑いがたえませんでした。
 第2部講演では、渡辺 治 一橋大学名誉教授・九条の会事務局『改憲問題の新局面と私たちの課題』に、^打棕江魏憲の危険性、安倍政権の大きな矛盾、市民運動の今後の大きな展望、をそれぞれ解き明かし、安倍政権の矛盾の解明、政権退陣の動きへの醸成、参加者の知的な興奮の共感や運動への連帯感が、いよいよ高揚しました。
 閉会あいさつでは、主催者として 本 秀紀 名古屋大学教授・愛知憲法会議事務局長がわかりやすくコンパクトに要点をまとめ参加者に大きな感動を呼ぶなかで閉会しました。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)